調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

お気軽にご相談ください

調布駅徒歩3分 調布市役所正面

042-444-7621

9:00〜17:30 土日祝日対応

遺産分割協議と遺産分割協議書の作成について

相続が発生して被相続人が遺言を残していない場合は、相続人間で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成して、これにもとづいて相続手続を行います。遺産分割協議は、相続人全員で行う必要はありますが、必ずしも全員が一堂に会して行う必要はなく、全員が協議内容に合意すれば問題ありません。

通常、遺産分割協議書は、相続人全員が署名・捺印し、全員分を作成して、各人が保管します。遺産分割協議書がなければ、不動産の所有権移転登記などの相続手続が行えません。

逆に言うと、遺産分割協議書さえがあれば、これらの相続手続を行うことができます。

遺産分割協議書

そのため、相続人の1人が自己に有利な遺産分割協議書を予め作成し、他の相続人の無知・無関心に乗じて、言葉巧みに署名・捺印を誘導するケースがあります。

このようなケースで安易に署名・捺印してしまうと、当然、所有権の移転手続などが進んでしまい、事後に回復することが非常に困難な場合が生じえます。

提示された遺産分割協議書の記載が理解できない場合や納得できない場合は、その場では判は押さずに、専門家である弁護士に相談ください。

また、何ら問題が生じそうにもない案件についても、念のため事前に専門家である弁護士に相談しておくと良いでしょう。弁護士はあなたの状況や要望を聞き取った上で、どのような遺産分割協議書を作成すべきか、提示された遺産分割協議書があなたの利益にも配慮しているかどうかのアドバイスを行います。当然ですが、あなたと他の相続人の主張が対立しそうな場合には、その対処方法も予めアドバイスします。

さらに、場合によっては、そもそ も遺産分割協議自体を弁護士に代理してもらった方が良い場合もあります。

  • 当事者同士では、遺産分割協議がまとまりそうにない場合
  • 他の相続人が理不尽な要求をしているが、力関係が不利な場合
  • 相手が口達者で、丸め込まれてしまいそうな場合
  • 他の相続人同士が結託している場合
  • 法律的知識に乏しく、遺産分割協議自体が精神的に苦痛である場合

弁護士に代理人としての交渉を依頼した場合、弁護士は、調停・審判になった場合を想定した交渉を行います。また、あなたの有利な内容で遺産分割協議を進めるために、積極的に証拠を集め、相手を説得する方法を考えます。

早い段階で専門家に交渉を任せた方が、結果として、スピーディーかつあなたの希望に沿った解決になることもあります。当事務所では、近隣の農家様の相続において、最短で介入後1月半程度で遺産分割協議を成立させた実績もあります。

Page Top