調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

お気軽にご相談ください

調布駅徒歩3分 調布市役所正面

042-444-7621

9:00〜17:30 土日祝日対応

法定相続とは

財産のある方が遺言を残さずに亡くなると、その財産は民法で定められた相続人が相続することになります。これを法定相続といいます。

法定相続について簡単に説明します。

配偶者がいる場合は常に相続人となります。

血族相続人については、先順位にランクされる相続人がいないときにはじめて後順位の相続人となります。順位は以下のとおりです。

  • ⅰ子(代襲相続・再代襲相続の場合は直系卑属(孫・ひ孫))
  • ⅱ直系尊属(父母・祖父母その上)
    なお、直系尊属間では親等の近い者が相続資格を取得
  • ⅲ兄弟姉妹(代襲相続の場合は兄弟姉妹の子)

また、法定相続分は下記の表のとおりです。法定相続分とは、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合をいいます。法定相続分を知ることは、遺産分割において誰がどの財産の分割を受けるかのひとつの目安となります。

相続人 相続分
配偶者と子 配偶者・子に1/2ずつ
配偶者と父母 配偶者が2/3、父母が1/3
配偶者と兄弟姉妹 配偶者が4/3、兄弟姉妹が1/4
配偶者のみ 配偶者が全て
子・父母・兄弟姉妹 子が全て

 

 

 

 

 

 

 

 

 
なお、遺言書を予め作っておけば、法定相続分と異なる相続をさせることが可能です。

もっとも、当該遺言書が特定の相続人の遺留分を侵害する場合には、遺留分減殺請求の問題が生じます。

遺言書は、亡くなった方の自由意志を反映させるものですが、相続人間で後々もめないようにするには、法定相続分を念頭に置くと良いでしょう。最低でも遺留分を侵害しない内容で作成する必要があります。

Page Top