調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

お気軽にご相談ください

調布駅徒歩3分 調布市役所正面

042-444-7621

9:00〜17:30 土日祝日対応

相続を放棄する手続き

相続財産には、現金、不動産、預貯金などのプラス財産だけでなく、住宅ローンや借金などのマイナスの財産も含まれます。

そのため、マイナスの財産が、プラスの財産より多い場合は、相続放棄を検討することになります。

相続が発生した場合には、相続人の立場からは、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類を検討することになります。

単純承認

被相続人の財産の一切を継承する方法です。

この場合は特別な手続きをする必要はありません。

民法921条には単純承認をしたものとみなされる(法定単純承認)事項が列挙されています。同条第2号によれば、相続開始があったことを知った時から3か月以内に限定承認または相続放棄をしなかったときには、単純承認したものともなされます。

限定承認

プラスの財産が多いのか、マイナスの財産が多いのかが分からない場合に有効な相続方法です。相続で得た財産の範囲内で借金を返済する、という条件で相続を承認する方法です。

限定承認の手続は、相続開始を知った時より3か月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して行います。

限定承認には上記のメリットがありますが、手続が厳格に法定されており、非常に手間と時間がかかること、法定相続人が複数いる場合には、必ず全員で手続をしなければならず、申述を行う事案は実際には多くありません。

相続放棄

被相続人の財産を放棄し、一切の財産を相続しない方法です。被相続人の遺産よりも借金の方が多い場合に多く利用されます。相続人が被相続人の死亡を知った日から3か月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。相続放棄をした者は、その相続に関して、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

第1順位の相続人が相続を放棄した場合は、第2順位、第3順位へ(詳細は「法定相続とは」をご参照ください。)と相続人が代わりますので、被相続人の債務を免れるためには、全ての者が相続放棄をする必要があります。

Page Top