調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

お気軽にご相談ください

調布駅徒歩3分 調布市役所正面

042-444-7621

9:00〜17:30 土日祝日対応

兄弟から調停を申し立てられた長男の寄与分が認められた事例

事案の概要

依頼者は、長年にわたり妻と共に両親と生活していた。生前の両親の意向は、実家の土地建物を含むすべての財産は長男である依頼者に与え、その他の子ら3名には財産を残さないというものであったが、両親ともに遺言を残さずに死亡。死後長年にわたり放置していたが、兄弟から調停をおこされた。

解決方法

調停当初は、実家の土地が比較的広かったため、依頼者が居住する建物の底地部分とそれ以外の土地を分筆し、依頼者が建物及びその底地を取得し、その他3名相続人がそれ以外の部分を取得する方向で話が進んだが、法定相続分を基に計算すると依頼者の取り分が大きくなり、他方で代償金の支払いもできないためこの案は流れた。

その後は、実家の土地建物を売却し、売却代金を法定相続分に応じ分割する方向で協議が進んだ。当方は、依頼者が長年にわたり両親を世話した事情を考慮して他の相続人に比較して多くの金員を取得すべきと主張した。

調停委員の粘り強い説得もあり、当方の案が受け入れられ調停成立。

なお、不動産の売却にあたっては、入札方式で買主の公募を行い、高値での売却を実現することができた。

その他の 解決事例

Page Top