調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

お気軽にご相談ください

調布駅徒歩3分 調布市役所正面

042-444-7621

9:00〜17:30 土日祝日対応

離婚をした場合の相続人について(前妻・現在の配偶者・子供の相続順位)

質問 
私は、10年程前に前妻と離婚をしました。前妻との間には2人の子供がいます。4年前に再婚し、現在の妻との間に2歳になる子がいます。

このような場合の相続順位はどうなるのでしょうか。

回答
まず、前妻は離婚をしており、相続人ではありません。

配偶者は常に相続人となるため(民法890条1項)、現在の奥様は相続人となり、法定相続分は2分の1です。

3人のお子さんの相続分は2分の1であり、これを頭数で割るため、結果的に6分の1ずつがそれぞれの法定相続分になります。

蛇足ですが、遺言書を書かずにあなたが亡くなれば、上記法定相続分に従って、相続人全員による遺産分割が必要となります。

現在のご家族と前妻の子らとの争いを避けるために、予めあなたの意向に沿った遺言書を作成することを検討してみてください。

例えば、前妻の子らには法定相続分見合った預金等の金融資産を相続させ、家族の住む自宅やその他の資産については、現在のご家族に相続させる旨の遺言書を作成してはいかがでしょうか。

その他の Q & A

Page Top