調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

お気軽にご相談ください

調布駅徒歩3分 調布市役所正面

042-444-7621

9:00〜17:30 土日祝日対応

公正証書遺言を勧める理由

遺言には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種類があります。

法律的に有効な遺言を作成し、確実な処理を望まれるのであれば、公正証書遺言をお勧めします。

以下では、三種類の方法についてご説明致します。

自筆証書遺言

本人が、本文の全文・日付・氏名を自筆で書いた書面に捺印したものです。印字したものや代筆は認められず、必ず自筆で書くことが必要となります。

一見、最も簡単かつ費用もかからないので、手っ取り早く良いように思われるかも知れませんが、①法的に有効な自筆証書遺言を作ることは意外に難しく、法的に効力がないことが事後に判明する可能性があったり②遺言書自体が紛失したり、発見されない可能性もあり③相続人が書き換えたり、隠匿する可能性もあります。

また、④家庭裁判所での検認手続が必要になり、相続手続に時間がかかるというデメリットもあります。

公正証書遺言

公証役場で遺言を作成する方法です。

本人が、公証人に対して遺言の内容を口授して、公証人が筆記したものに署名・捺印した上で作成する遺言書です。公証人・証人2人の計3人の立会いの下で作成します。遺言書は計3通作成され、原本1通は公証役場で厳重に保管されます。

自筆証書遺言と異なり、①要件不備により無効になる危険性がほとんどなく②第三者による変造・偽造の危険もなく③検認手続も不要で迅速に手続可能であるメリットがあります。

秘密証書遺言

公正証書遺言と同じように公証役場で作成するのですが、遺言書の内容を密封して、公証人も内容を確認できないところが相違点です。

秘密証書遺言は内容を秘密にでき、また遺言書の存在は公証人や証人が知るところとなりますので一見確実そうですが、遺言書の内容を公証人が確認していないので、不明確な内容の場合は、法律上無効となる恐れもあります。

実務的には、前記の公正証書遺言を選択する事案が大半で、秘密証書遺言はほとんど活用されていません。

Page Top